採用情報

社員インタビュー

樋木 美紗貴

桜ヶ丘店 薬局長/薬剤師

樋木 美紗貴

―樋木さんは2017年に新卒でノムラ薬局に入社されています。そもそも薬学部を目指された理由からお聞かせください。

もともと文系が苦手だったのですが、祖父が亡くなった際に薬剤が影響していた可能性があったことで、薬を勉強してみたいと思うようになりました。
また、高校生の時に一時的に気分が落ち込んだ時期があったのですが、たまたま歯科を受診した流れで入った調剤薬局で、笑顔で接してもらえたのがうれしく、癒されたのが印象的でした。それで、自分もその時の薬剤師のような、患者さんを癒せる存在になりたいと思ったのです。

―薬剤師になられても、病院薬剤師や製薬会社など、選択肢はいろいろありますが、調剤薬局を選んだのはなぜですか?

もともとは病院を希望していましたが、病院実習を受けた時に、患者さんの死というものが日常的であることにショックを感じてしまいました。病院で働く皆さんが、その都度動じたりはされないのは、仕事ですので当然のことです。
しかし自分には、元気になるために通われている患者さんと会話をさせていただける、調剤薬局の方が合っていると思いました。

―調剤薬局の中でも、ノムラ薬局に決められたポイントは、何だったのでしょうか。

私は生まれも育ちも多摩市なのですが、ノムラ薬局がこの地域に根差した薬局だったことです。大手の調剤薬局チェーンも検討しましたが、そこでは地域を限定した勤務か、全国への転勤ができるかによって待遇面に差があったのです。私は、どこで行おうとも、薬剤師としての業務は同じように価値のあるものだと思うので、そのように差をつけられることには納得が行かなかったんですね。

また、ノムラ薬局では在宅医療にも積極的で、実際に現場でも在宅の医師のほうからどんどん声がかかり、薬の専門家として深く連携して動いていると就職説明会で聞きました。それで、本当に地域密着が実践されているのだなと思ったのです。

私は、患者さんには処方箋やお買い物がなくても薬局に気軽に立ち寄っていただきたい。何かのついでに寄ってもらい、おしゃべり相手になれればと思うんです。最近は独居の高齢者も増えていますが、人生つまらないと思ってほしくなくて、ノムラ薬局はそういうことでも地域のお役に立てる、社会貢献できる会社だというのが決め手でした。

―実際に入社されてみて、地域密着を感じることはありますか?

色んな店舗を経験させていただく中で、豊田北口店に在籍していた時期がありました。その後、他の店舗を経験し、新しくできた太陽店へ異動した時に、ある患者さんから「あら!あなた久しぶりね!」と声をかけていただいたんです。
その方は、豊田駅周辺のノムラ薬局を複数店舗ご利用されていたんですね。実は、その場ではすぐにその患者さんのことが思い出せなかったのですが、ノムラ薬局ではどの店舗も全てクラウドで電子薬歴がつながっているので、それを見た時に「ああ!あの方だ!」と分かりました。その後も、いらっしゃる度に声をかけてくださって、地域に根付くというのはこういうことなんだなと実感しました。

正直、どちらの薬局も今の時代は地域密着をうたっているところがありますが、ノムラ薬局の場合は、本当に血の通った地域とのつながりを感じます。22店舗が日野市・八王子市を中心とした多摩地域にギュッとありますので、ノムラ薬局の看板を見て来てくださる患者さんも少なくありません。これまで先輩方が築いてくださった信頼によるものなのだと感謝しています。

―薬剤師として働いて感じる、ノムラ薬局の魅力は何でしょうか。

教育体制では、月2回、薬剤師勉強会があり、自分ではフォローしきれない知識や情報をきちんとキャッチアップしていけることですね。毎回、30分ほど新薬などの説明を受けます。また、テストがあり、前回の勉強会の内容・作業標準・疾患に関する薬剤等から出題されます。それから、その時期に合ったテーマで、新入社員がいれば基礎知識の見直しだったり、在宅医療や医療保険制度、インシデント対応、棚卸しについてなどを学んだり話し合ったりします。薬のことだけでなく、薬局運営にまつわることも学べるのがよいですね。

また、基本的に全店舗の薬剤師が集まりますので、コミュニケーションの機会でもあります。日頃から店舗同士で電話することもあり、名前は分かっているのですが、こうした場で顔なじみにもなれます。そのほか、毎月第1・3月曜は薬局長会議で、第2・4月曜はこの薬剤師勉強会ですが、5週目の月曜日がある時には「のむ会」という飲み会があって有志が集まります(笑)。また、全従業員が集まる研修会も年2回、クリスマスパーティーなどが行われます。従業員数130人ほどという規模だからこそ、全員が知り合えるわけで、大企業にはない良さなのではないでしょうか。

―樋木さんは2020年8月に薬局長になられたそうですが、これまでのお仕事について教えてください。

入社してまず配属されたのは、総合病院の門前である「市立病院前店」でした。ひととおりの診療科の処方箋を見られますし、薬剤師が常時7~8人はいる店舗なので、いろいろな先輩をお手本にできます。分からないことがあっても、すぐ誰かに相談ができますので、安心して仕事に入ることができました。

その後も、特定の診療科のクリニックの門前などを経験したりして、今は5店舗目です。新卒入社の場合は、いろいろなやり方を学ぶためにも、意識して異動が多めになっているかもしれません。ただ、特定の店舗で専門性を高めたいなど希望があれば、考慮もしてもらえます。

―薬局長になられて、何か変化はありましたか?

実は、そのタイミングで薬剤師の人数が減ったため、その変化の方が大きいですね。パートの薬剤師の方や、2人の事務の方が補助もしてくれていますが、エリア長と相談しながら、毎日がんばっています(笑)。エリア長は親身になってくれますし、「何かあったらすぐ頼ってね」と言ってもらえるので、新任薬局長でも不安なく務められています。

―今後の目標を教えてください。

個人としてずっと思っているのは、患者さんが薬局で少しでも気持ちを楽になり、笑顔になって帰っていただきたいということです。ノムラ薬局としては、やはり地域で根付いてきた信頼を損なわないよう、先輩方に恥ずかしくないよう努めていきたいです。

また、ノムラ薬局はとてもスタッフの雰囲気が良いので、これからも一緒に働く仲間が気持ちよく仕事していけるようにしていきたいと思っています。
私自身、どんなに疲れていても、店舗に行くとそれも忘れて楽しく仕事ができ、1日を気持ちよく終えられるというのが、ノムラ薬局に入って以来、ずっと続けられているんですね。そのくらい、スタッフが仲良く、息の合った薬局です。薬局長として、皆さんも気持ちよく働いてもらえるように、雰囲気や環境づくりを心がけていきます。

―最後に、求職者へのメッセージをお願いします。

ノムラ薬局はいろいろなタイプの店舗がありますし、月2回の薬剤師勉強会のほかにも、外部の勉強会参加にも補助制度があるなど、薬剤師として、とても恵まれた環境だと思います。産休を取得される例も多く、産休明けや子育て後に復帰される方も珍しくありません。ライフステージや意欲に合わせて仕事をしていけますので、ぜひ興味を持っていただけたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加